風俗で初めてという体を装うわけ

風俗で初めてという体を装うわけ

投稿日:2015年6月23日 カテゴリ:春の風俗体験談

はじめての風俗体験の気持ちって、今思えばすごく貴重だったなあーなどと思います。今でもときどき「はじめてなんです」と、初対面の嬢にウソをついたりはするのですが、けれども当たり前ですが、本当に風俗が初めてなのって1回きりだったりしますからね。そりゃあデリヘルがはじめてだの、ソープがはじめてだの、メンズエステは初めてだのといった違いはあるのですが、けれども本当の初めてのドキドキは1回きりだったりしますので、やはり貴重であったと今更ながら思っています。ちなみに、自分が今でも「ていうか、はじめてなんです」と告げる理由としては、風俗慣れしていると思われると、嬢が受け身になるからですね。つまりはさぼり始めるので。僕はどちらかと言えばM気味ですから、嬢にはどんどんリードして欲しいわけです。そこでサボられると非常に腹が立ちますので、「おいおい、こっちははじめてなんだからリードしてよ」という意味合いでも、「はじめてなんだよね」と告げているんですよ。まあ、あっちも言葉の意味は感じてもらっていて、本当に僕が初めてだとは思っていないでしょうけれど。